FC2ブログ

鍼の講習会

今年の1月から、久しぶりに東京へ鍼の講習会に行っています。

先日の日曜日は、膝関節の疾患ということで、幾つかの症例と治療方法を教えていただきました。

膝のお皿の下がぶよぶよしているのは膝のじん帯が悪いせいで、その悪い所をかばうために、脂肪がついているということ。
イメージでは、年を取ると皮膚が垂れ、膝がぷっくりするのかと思ってしまいますが、そうではないんですね。

そのほか、膝の内側の痛みや、膝裏の鈍痛など、治療方法を教えていただきました。
また、ばね指をほんの3本の鍼で治してしまうという、おまけの実技も見られました。
すごいです。

いろんな所に勉強に行くと、これまでと違った新しい発見があり、とてもいい刺激になりました。



スポンサーサイト

今年もよろしくお願いします

illust2521_thumb.gif

illust4171_thumb_2019010823193137a.gif

明けましておめでとうございます。
今年も はりきゅうで 身体を整えましょう。

去年の年末、とてもおめでたいことが!

姪に男の子が生まれました。

妊娠期間中、2週に1度、定期的に鍼灸治療をしてあげていました。
また、セルフケアも勧めて、自分で三陰交と、9か月頃から至陰にもお灸をしていました。

夏にむくみが出たり、35週過ぎたあたりから、足が象のようにむくんだ時もありましたが、鍼をするとすぐに引きました。

腰痛もほとんど出なかったです。
(これまで鍼灸に見える妊婦の患者さんも、ほぼ腰痛なく出産を迎えています。)

逆子もちょっと心配な時期がありましたが、鍼と私の呪文(秘密!)で戻りました。

姪の赤ちゃんは、とにかく良く寝て、よく飲んで、同時期に生まれた赤ちゃんよりふた回りも大きくて、病院でちょっと有名になっているそう。
夜中も結構寝てるそうで、楽!と言っていました。

おっぱいを吸う力が強いので、その刺激で、母乳がよく出るようになります。

見ていて飽きません。でもずっと寝てる。。。

どんな子になるのか、楽しみです。


〇逆子治療はお灸が有名ですが、お母さんがバタバタ忙しくしているのもよくありません。
お腹の赤ちゃんにたくさん話しかけてあげて、気持ちに余裕を持ってください。
それと、骨盤ケアは大事です。逆子の対処は早めに。

〇母乳がよく出るためには、赤ちゃんの吸う刺激が必要なんですが、赤ちゃんの吸う力が弱いと、飲む量が減るので哺乳瓶でミルクを飲ませることになります。
それに赤ちゃんが慣れてしまうと、哺乳瓶の方がずっと飲みやすいため、まだ出が悪い母乳を吸うのが嫌になって、悪循環になってしまいます。

新しいベット

治療室のベットが新しくなりました!

IMG_20180908_143719.jpg

念願の電動ベットです。
患者様の寝心地もよくなると思いますし、
これで私自身の腰への負担も少なくなる。。。

以前、そらクリニックは瑞穂区にありましたが、
今まで使用していたベットはその初期の頃からのもので、
表面がだいぶ傷んでいました。


このベットで更にいい治療ができるよう、頑張ります!
illust3492_thumb.gif

妊婦さんの足のむくみ

先日、22週になる妊婦さんが、足のむくみがひどいとのことで治療を受けに来ました。

見ると、象のように、足首がパンパンになっていました。

脈診をしてみると、寒と湿が強い肺の虚証でした。
冷房での冷えと、この暑さや、仕事の疲労で体力が消耗して、気が廻らず水を貯めてしまっている状態。

まず気を整えて、消耗に効果のあるツボに鍼をして、温かいお灸をすると・・・

治療後、夜までに何度もトイレへ行き、余分な水分が出たようで、翌日には足首がすっきり細く戻ったとのことでした。

私もびっくり。。。

その後、予防のために、時々治療をしています。

鍼灸は薬を使わなくていいので、妊婦さんの体にもやさしい治療法です。

鍼灸で回復が早くなる

先日、アトピーで通われている女性の患者さまから、治療の時に、

「鍼灸を続けていると、肌の状態が悪化しても、以前より回復が早くなってきたようです。」

と言われました。

アトピーは、なかなか治らない難しい病気です。

こちらの鍼灸にも、何名もアトピーでかかられていますが、皆さんすぐにはよくなりません。

その日の体調や生理の周期によって、良くなったり悪くなったりの波は相変わらずあります。

しかし、その方の、日々のストレス度合いなどの生活スタイルにも影響はありますが、継続される方の変化を見ていると、その波が、少しずつ小さく、期間も短くなっていく感じです。

皮膚の色が、赤黒い色から、だんだん赤みや黒みが少なくなり、本来の皮膚の色に戻っていきます。

カサカサした感じや、首、関節部分、汗をかきやすい所のかゆみは最後までなかなかとれませんが、お腹や太ももあたりから皮膚の変化を感じます。

ただ、浮腫や汁が出ている方のように、皮膚がかなりひどい状態ではなかなか変化を感じられないので、まだまだ勉強しなければならない病気ではあります。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR