FC2ブログ

結核の影が薄くなった?

鍼灸の経過が興味深い方がいました。
年齢は80才過ぎの方で、うつ病で薬を飲んでもなかなかよくならず、
3年以上気分がうっとおしく、気力が出なくて何もやる気にならない状態でしたので、
知り合いの方を通じて鍼灸を希望されました。

治療を週1回のペースで続けて、1ヶ月後には、うつ症状が出るのが少し減ったとのこと、
自宅に知り合いが何人か来た時に、「最近何か始めたの?表情が変わった」と言われたそうです。
2ヶ月を過ぎた頃はうっとおしいのが無くなり、1人で買い物にも行けるようになったそうです。
今では普通に生活していますが、治療を始めて1年ほど経った頃、
軽い風邪を引き、喘息持ちだったため、お医者さんが大事をとって肺のレントゲンを撮ったそうです。
そうしたら、今まで肺のレントゲンには、昔患った結核のあとがいつも映っていたのが、
その影が薄くなってたそうです。
お医者さんが逆にあれっ?と驚いていたそうです。
この方、毎年数回、喘息の発作で、このお医者さんの所へ通って点滴をしていたのが、
鍼灸の治療を始めてから発作が起きず、一度も通っていないのです。
私も喘息持ちとは知りませんでしたので、特に喘息の治療などは意識していませんでしたが…。
鍼灸は本当に不思議な力があります。
スポンサーサイト

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR