難病の方その後

前に脊椎関節炎の方について書きましたが、その後の経過です。

腰、仙腸関節あたりの愁訴は常にありますので、その辺りの施術は外せませんが、
頚部、頭部への作用を目的に、普段の治療では滅多に使わないパルス(電気治療)を、
試しに一部取り入れています。
(あまり刺激量を多くすると、体に負担がかかるので、気をつけてもいますが…。)

毎週の治療で、もう3ヶ月ほどたちますが、そのせいか、少し無理をしても体が持つようになった感じで、
気持ちもとても前向きになっています。
本当にそろそろと、ゆっくりした動きですが、庭に出て植物の世話をしたり、
家事を少ししたりしてます。夜にはぐったりしてだいぶしんどいみたいですが、
翌日も何とか動くことができるそうです。
これだけ体が持つもは鍼灸のお陰だと、本人も喜んでいました。

本人の努力もあります。
食事はいつもの玄米に豆類を取り入れるようになったとか、
足のセルフマッサージもやっています。
先日は、おなかと足を上に挙げる倒立が何年かぶりにできるようになったと、見せてくれました。

腰痛など急性の痛みには、集中的に鍼灸をして効果が出ますが、
慢性の病気は、どうしても数回の治療では、効果が見られないように思われます。
しかし、そんなときにも体は少しずつ変化を起こし始めています。
3ヶ月、1年後…と長期にわたっての経過を見なければならない時もあります。
また、生活習慣の影響、薬の影響などによっても変化の仕方は変わります。
ちなみに、この難病の方は、薬の副作用がすごく出て苦労された方なので、
漢方薬も含め、お薬は一切飲んでいません。

スポンサーサイト

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR