FC2ブログ

危ない坐骨神経痛

先日、東京にいらっしゃる、鍼灸の治療経験52年の大ベテランの先生のところへ行ってきました。
お忙しいのでゆっくりお話できませんでしたが、興味深い経験を語ってくれました。

ある坐骨神経痛の患者さんの話。
前かがみで歩くのがやっと、ひどく痛がりながら治療室に来たそうです。
そこで先生が鍼灸治療したところ、さっと痛みが引いて、ご本人も大変喜ばれたそうです。
その患者さんは、次回の治療の予約をとろうとしたそうですが、そのベテラン先生は、
「病院で検査を受けなさい。」と言って、治療を断ったそうです。
本人も、そこに居合わせた人も、なぜ?と言ったそうですが、
受け付けなかったそうです。
その先生の経験上、あまりにも症状が改善しすぎる中には、
重大な病気が隠れていることがある、とわかっていたそうで、
後日案の定、その坐骨神経痛の患者さんは末期の大腸ガンだったそうです。
自分の治療で症状が劇的に良くなっても、自分はすごいとは思ってはいけない、
謙虚に、冷静にならなければいけない、と教えてくれました。
また、52年もやってきていても、まだまだ人の体の治療は難しいと、とても謙虚な姿勢に、
心を打たれました。
見習わなければ…。
スポンサーサイト

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR