生理痛とはり

先日、鍼灸の患者さんが、
「生理痛がなくなり、本当に楽になりました」
と言われ、とても嬉しく思いました。

学生の頃、私も大変な生理痛がひどく、
痛みが始まると、痛みが数秒続いて数秒治まる、
の繰り返しから始まり、それがどんどんひどくなると
その周期がだんだん短くなり、、
おなかをねじられたような死にそうな痛みで転げ回る状態で、
それと同時に吐き気、下痢がおきました。
なので、痛みで動けない状態ですが、
無理して這ってトイレへ駆け込まねばなりません。

鎮痛薬を飲んでも、吐き気が始まると吐いてしまうので、
薬は役に立ちません。
そのような状態、というか発作は30分ぐらい続き、
そのあと自然に治まっていきます。
ですので、病院へ行った頃には治まっているので
検査をしてもなんともないと言われるだけでした。

これが外出時に起きると大変で、
電車はやむなく途中下車しなければならず、
周囲の人がびっくりして救急車を呼ばれそうになったりで、
本当に困ってました。

この状態がよくなったきっかけは、
私の鍼灸の恩師、池袋にいた井上雅文先生に出会ったことです。
東京なので、定期的には行けなかったので、
初めての時、連続で2回治療してもらいました。
その1回目、脈をみただけで、
もうすぐ生理がきますよ、とのこと。
私は周期などなにも聞かれなかったので話しておらず、
先生もまったく知らない筈なのに、その指摘でえっ?とびっくりしました。
そして2回目の治療が終わって、うちに帰ってきました。
そして翌日、なんだか今日は眠いなぁ~と思ってたら、
生理がきました。
あの痛みも、軽い痛みもなにもなく、ただ眠かっただけ。
鍼灸って全く初めての経験だったので、正直効くのか
全くわからなかったのが、それ以来すごく信頼するようになりました。
また、脈診というのも驚きでした。
生理の時期がわかるんですよね。

・・・これが私が鍼灸に興味を持ったきっかけです。

でもこの世界に入ると、そんな脈診のできる先生は
ほとんどいません。
恩師井上先生が特別だったのです。
妊娠の脈、流産しそうなときの脈、
子宮筋腫の脈から、
風邪の引き始め、糖尿、脳梗塞前兆の脈、
寝不足とかストレスのためすぎの脈とか、
名人はわかるのです。
(なかなか難しいですが、私も少しでも近づけるように、日々奮闘しております・・・。)

話はそれましたが、
生理痛で苦しんでいる方を、少しでも楽にさせてあげたい、
と思うのは、井上先生への恩返しでもあります。
その気持ちがあって今までやってきたと言っても
言いすぎではありません。

なので、良くなったと言われると、
本当に嬉しく思います。

実は、このひどい生理痛をなんとかしたくて、
婦人科の医者になろうと思ってたんですよね~。
大学受験の当日、この生理痛でやられました・・・。
やっぱり鍼灸に進むようになってたのかなぁ・・・。

ちなみに、鍼灸治療も数回やれば完全に良くなるわけではなく、
やはり体質なので、最初の数年は定期的に治療を受けないと、
(いい状態を体に教え込ませる、という感覚です)
また痛みが起きるようになります。
私も恩師の先生の治療は年に3~4回上京し、
一度行ったら宿泊して2~3日治療を受けてました。
でもそのうちに体が対処できるようになると、
自分で足にお灸をするだけで済みます。
このお灸は誰にでもできる簡単なお灸です。

スポンサーサイト

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR