8月も終わり!

ずっとブログをご無沙汰してましたら、もう8月27日!
つくつくぼうしが他のセミに混じってがんばって鳴いてます。

今月は3週連続で、土日の週末にセミナーを受けてきました。
講師は英国人医師クリスティン・ペイジ先生です。
西洋医学の医師として患者の治療にあたっていましたが、
本質的な治癒には、心が体に与える影響を理解することが
必要だということを確信し、体だけでなく、心も含めて
全体を見るホリスティック医学へ移行します。
なので、代替医療も実践し、現在はその経験を生かして
講師として活躍してる方です。

ですので、内容は、体の状態が何を訴えているのか、とか、
心の本音(魂の進みたい方向といいますか)を読み解く方法とか、
病気の原因になっている、感情の開放の詳しい方法とか、
今まで私が学んできたものの再確認と、足りない部分を
十分補ってくれる内容で、とても面白かったです。
特に感情の扱い方は、今まで見聞きしてきたことが不十分
だったと実感しました。

ペイジ先生は、
病気の85%は、心(魂)からの警告
だと言いました。
今持っている習慣、その根底にある観念が、
もう今の自分にそぐわない時、
そのギャップが体に表れてきます。
だから、病気がなかなか治らない、病気が治ってもまた繰り返す場合
この状態だということです。

また、ギャップで感情が発生した場合、
その感情は自然に消えるわけではなく、
体にたまったりします。
このたまった感情は何もアプローチされないと
いつまでも残るので、うまく開放してやる必要が出てきます。


いろんなワークもやりました。
今持ってる病気について体に直接聞くワークとか、
チャクラエネルギーを見たりバランスを整えるワークとか、
お互いに直感を使って知らない相手にメッセージを伝えるワークとか
(結構腑に落ちるものがありました)
知識だけでなく、個人的な気付きも得られ、貴重な体験をしました。

また、参加者の幅が広く、現役のお医者様が数名いらっしゃったり、
カウンセラーや、ヨガの先生、アロマヒーリングをされる方、
病気を患っている方、ガンで闘ってる方、会社の社長さんや歌手の方まで、
いろんなお話を伺って、またいい刺激になりました。

鍼灸にこの経験をどう生かすか、今思案中・・・

あっ、突然、宗教の教祖みたいにはなりませんので…




s-H24.8 001
スポンサーサイト

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR