湿度と体調 ~2

(体が湿邪にやられると・・・)   ~医方大成論和語鈔より~

体の弱い人、或いは風雨に襲われる、或いは低い土地・床の低い湿地に座る、

遠方に旅する道中、河川などを渡って湿にやられる、

或いは山・谷・泥澤の湿気の蒸した所で湿病を発症。

或いは汗が出て衣服の裏が冷える時は、その汗湿が脾・腎に浸透して傷られることがある。

(脾臓は、木・火・土・金・水のうちの土にあたり、腎蔵はその水にあたり、湿気にやられやすい蔵である)


湿が腎に着くと腰が痛み身重く、水中に座っているよう(体が重くて下に沈むような感じ)
で、小便が出ない。

脾に着くと手足が浮腫して屈伸しづらい。


もし湿に風邪が混ざるとめまい、嘔噦(嘔吐しヒクヒクいう)、発熱して胸が苦しい。

湿に寒邪が混ざると、手足が伸びない、引きつり痛む、汗が出なくて寒気がする。

湿に暑邪が混ざると、胸が苦しくて口が渇いてしきりに水を飲む、
心腹疼痛し、顔色が垢がついたようになり悪寒がする。


湿にやられると、その脈状は沈んで緩、微が多い。症状は四肢倦怠して重だるい。


治法はまずは小便を出すことが先である。

決して軽々しく汗を出させたり大便を下させたりしてはならない。

灸の火で攻めてはならない。


みだりに汗を出させると、陽を失って湿邪がますます深くなり、

便を下すのは脾胃を損傷して湿がまた深くなるためであり、

灸火で攻めると、陰湿と陽火とが内外で争ってかえって元気を損傷するからである。

もし泄寫の病があれば(泄寫は下痢。これも湿が原因となることが多い)
その治法に従いなさい。


スポンサーサイト

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR