FC2ブログ

三陰交のツボの位置

お灸教室で、婦人科系の疾患によく教える「三陰交」のツボの位置ですが、よく言われるのは、

内くるぶしの真ん中から指4本分上がったところ

なんですが、私の恩師、井上雅文先生は、

内くるぶしの上の高さから指4本分上がったところ、と言っていました。

(内くるぶしの円、○の上の接線の高さと言うとわかりますか??)

なので、位置が少しずれます。

人に聞かれて答える時に、どちらで答えようか迷ってましたが、

たまたま深谷伊三郎先生の黄帝明堂灸経釈義を読んでいたら、

「経穴彙解に『肘後に曰く、踝尖の上三寸と、金鑑之に従うが非也。凡そ踝上踝下の属、皆骨を除いて之を言う』とある。こう考えるのが正しいのであるから、内果の上というときは、内果の上際にとるべきである。・・・」

ということで、くるぶしの真ん中からではないとのこと。

ということで、上際から、ということにします!

でもそれ以上に気をつける事は、ツボなので、くぼんだところを見つけることですね。



スポンサーサイト

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

みどりはりきゅう

Author:みどりはりきゅう
愛知県で、鍼灸治療と訪問治療をやっています。
鍼灸治療は半田近隣を往診、名古屋鶴舞のそらクリニックで金・土に治療をしています。
訪問治療は、自宅訪問でマッサージと機能回復の運動をしています。

鍼灸の事や、日々の出来事などを書きたいと思います。
たまには、飼い猫も登場するかも?

『お灸教室』も開催しています。
その都度お知らせしますので、興味のある方はぜひお越しください。

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR